快適な妊娠をする際のウォーキングスタイル注意点や対策など

妊娠期間中は、無理をしないことが大切ではありますが時には運動をすることも大切です。

ウォーキングを推奨しているという産科も多いでしょう。
そこで今回はウォーキングの効果や注意点について触れていきましょう。

改めて知っておきたいウォーキングの効果について

まずは妊娠期間中の体重管理に役立つということがいえるでしょう。

身体に負担をかけずに運動を取り入れることがマタニティ期間には大切です。
そうした意味合いでもウォーキングはぴったりですし、中期以降の食欲増加の抑制にもつながるといわれています。
体重管理は安産にもつながります。

また、血行促進・代謝率アップ効果も期待できるでしょう。
妊娠期間中に多い肩こりや腰痛などを緩和する効果もあるといわれています。

さらには、代謝率をあげることによって便秘解消にも役立ってくれるでしょう。
妊婦の中には便秘症状で苦しんでいる方も多いようですので安全な便秘対処法とも考えられるのです。
そして精神的な部分にも効果がみられるといわれています。

歩くことによって気分転換・ストレス発散にもつながっていきます。

こうして、さまざまな効果がウォーキングから得られることができるのです。

ウォーキングを始める際に覚えておきたいこと

第一に始める時期ですが「安定期」と呼ばれる16週からが望ましいでしょう。
体調も安定しやすい時期ともいわれています。

とはいえ、自己判断ではなく検診時に医師に確認をとっておくことをおすすめしたいと思います。
その際に、どの程度の運動ならば問題がないかのアドバイスをもらうのも良いかもしれません。

歩く時間についてですが、妊婦の場合には30分前後が良いでしょう。
また疲れたなと感じたときには立ち止まったりベンチに座ったりすることをおすすめします。
ウォーキングの前に軽くストレッチをしていただくことも大切です。

自宅近くでウォーキングするのが望ましいでしょう。距離で言えば自宅から1~2キロ前後となります。
これは、万が一急な体調変化があっても戻りやすい距離感ということがその理由です。

そして、飲み物も忘れずにもっておきましょう。
妊婦の場合は喉が渇きやすく脱水症状にも陥りやすいので必ず持ち歩きましょう。

持ち物で言えば、携帯電話・スマートフォンなども必ずもってウォーキングをしましょう。
いざというときに役立ってくれるものです。
母子手帳もあるとさらに安心です。