妊娠初期に見られる「つわり」はどうして起こるのか

妊娠をすると身体にはさまざまな変化や症状が訪れます。

代表的な症状の1つとして「つわり」がありますが、なぜこのような状態になるのかご存知でしょうか。
つわりについての知識を広めていきましょう。

つわりの症状とその原因について考えてみよう

まずつわりですが、妊娠初期の生理現象といわれています。
中には後期に入っても症状が見られる方もいらっしゃいます。
具体的な症状としては、吐き気・胃がむかむかするなどといった主に消化器官の不快感が現れるでしょう。

その原因についてですが、明確には分かっていないのが現状です。

しかし、総体的に見て妊娠第5週前後にはじまり、12~16週には落ち着く傾向があることから、ホルモンバランスの変化が大きく関係しているのではないかと考えられています。

つわりは病気ではありません。
しかし、症状がひどいという場合・1日に何度となく吐いてしまうという場合には産婦人科で相談することをおすすめしたいと思います。
つわりが悪化してしまうと「妊娠悪阻」という症状に陥ってしまうこともありますから、早めに対策をすることが大切といえるのです。

つわりの中でも多く見られる「吐きづわり」について

つわりは1種類ではありません。
いくつかの種類があるのですが、多く見受けられるのが「吐きつわり」と呼ばれるものです。
食べ物を口に含んでいなくても視覚に入っただけで吐き気が現れるという方もいらっしゃるのです。
スーパーに行っただけで嘔吐してしまうということもあるでしょう。
こうした症状ももちろん病気ではありません。

妊娠をしたことによって、味覚や嗅覚が敏感になり匂いや味などに敏感に反応するということが考えられています。
さらには、マタニティ期間には黄体ホルモンの分泌量がアップしています。

このことによって、消化管の運動を低下させたりガスがたまりやすい状態となってしまいがちです。
それに伴い、胃のむかつき感などを覚えやすくなるというメカニズムなのです。

大半の妊婦が体験しているつわりですが、症状を改善させる方法もあるのです。
個々によって異なってくきますが、特定の栄養素が効果を発揮するなどということもあります。

無理をして食べる必要もありませんし、胎児にすぐさま悪影響を及ぼすということもないかと思いますが、長期に及んでしまう場合には対処を考えましょう。