つわりに効果的な栄養素や食材とはどのようなものなのか

妊娠初期の方は特に悩まされている方も多い症状の1つ「つわり」ですが、効果がある栄養素があるというのはご存知でしょうか。

個人差はもちろんありますが知識として持っておくのもおすすめです。

ビタミン類は代表的なつわりに効く栄養素

つわりに効果があると言われている栄養素の中でも代表的なものがビタミンB6です。
実際の医療現場でも、ビタミンB6の天敵を妊娠悪阻の治療として投与しているのです。
具体的な食材ですが、玄米・バナナ・アボカド・ピーナッツなどになります。

小分けにして食べやすい食材もあるかと思いますので、効率的に摂取をしていきましょう。
なお、玄米の場合、消化があまりよくないということも言われていますので食べるときにはゆっくりよく噛んで食べたり、食べやすい「玄米がゆ」にすると良いでしょう。

次にビタミンB1です。

精神的不安にもよく、つわりの不快感を解消してくれるにも効果があるとされているのです。
食材も豚肉や豆類など摂取しやすいものが多いでしょう。

ただ、水に溶けやすいという特性があるためスープ類などに取り入れるのが良いでしょう。

ビタミン類は風邪予防にも効果がありますので妊娠期間中には摂取をしていただければと思います。

たんぱく質を摂取して快適な体内状態へ導く

つわりが引き起こす吐き気は、黄体ホルモンが大きく関わっています。

交代ホルモンが消化管の運動の低下を招いてしまうのですがその運動を助ける効果がたんぱく質にはあるといわれています。
女性ホルモンにたんぱく質が効果的であるというのはここから来ているのです。

具体的な食材についてですが魚や肉類といったものから大豆製品など幅広くあります。
妊娠期間中は、体重のコントロールなども大切になってきますがつわり中には「食べられる・食べたものを」を中心に選んでいきましょう。

匂いが気になるという場合には、さっぱりしていてクセも少ない豆腐がおすすめです。
消化もよいので安静にしていることが多い場合にも負担となりにくいでしょう。

寒い時期にはレンジで温めて簡単な「温奴」などにしていただくと、身体の冷え対策にもなってくれるでしょう。

摂取をしていただくことが1番ではありますが、即効性があるものではないということも理解をしておきましょう。