妊娠期間中に気をつけておきたい体重管理や生活習慣など

女性は妊娠をすると体重に大きな変化が現れます。
推移としては増加するということになるのですが、太り過ぎないようにする心がけが大切なのです。
だからこそ、体重管理を意識していただきたいと思います。

平均的な妊婦の体重増加キロ数について知ろう

一般的に健康的な赤ちゃんは出産すぐの状態で「3キロ」といわれています。
もちろん、個々によって変わってくる部分ですから神経質になる必要はありません。

平均的な妊婦の体重増加キロ数について知ろう

産科での定期健診がありますので、安全な出生体重を予測できるようになっています。
この数を踏まえて、妊娠してから母体の体重増加について考えてみましょう。
こちらにおいても個々によって多少の前後はあるものの平均としては「8キロ」といわれているのです。
胎児のほかに、子宮・乳房・血液などで4キロ増加し、胎盤が0.5キロそして用水が0.5程度といわれています。
とはいえ、自らでこの数字を管理していくのは難しいことともいえるでしょう。
そこで、指標の1つとしていただきたいのが「BMI」と呼ばれるものになります。
簡単に導き出すことができますので取り入れていくと良いでしょう。

The recommendation site
髪と頭皮のプロフェッショナルのラフィー
久米島の海洋深層水の豊富な海藻成分といっしょに健康な髪を取り戻すのに役立つ商品となっております

妊産婦による具体的なBMI数値の計算方法について認識をしておく

では具体的な計算方法について見ていきましょう。
体重(kg)÷(身長(m)×身長(m)
という計算方法になります。

妊産婦による具体的なBMI数値の計算方法について認識をしておく

非常に簡単ですので、妊娠期間中の体重管理の方法として取り入れていくことをおすすめしたいと思います。
さて、この計算式から導き出した数字の「見方」についても触れておきましょう。
判断基準は以下の通りになります。

BMI数値が18.5未満

やせ気味の傾向があります。10~12キロほどの体重増加を設定すると良いでしょう。

BMI数値が18.5~25未満

標準的であるといえるでしょう。7~10キロほどの体重増加を設定するとよいでしょう。

BMI25以上

太り気味の傾向があるといえます。5~7キロほどの体重増加を設定するとよいでしょう。

このことでお分かりかと思いますが、この数字によって増加設定も変わってくるのです。

妊産婦期間に体重の変化とその要因について

先に、体重増加が一般的であると記しましたが、ケースによっては逆に「体重が落ちてしまう」というケースもあるのです。
この場合に考えられることとしては第一に「栄養不足」です。

妊産婦期間に体重の変化とその要因について

つわりなどがあり、食べ進みが悪く体重が落ちてしまうなどという場合には、産婦人科医・助産師などに相談をし対処を取るように心がけましょう。

また、体重増加が著しいという場合には「妊娠高血圧症候群」「糖質異常」の可能性が高くなってしまうともいわれています。
これらに罹患してしまうと、帝王切開率があがるなど難産傾向になる場合もあるでしょう。
出産のリスクがあがってしまいます。